アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

飲み干したワイン

20090923_008.jpg

 

山梨県といえば勝沼・・・

ですが、

 

そのおとなり笛吹で独創的なワインを醸している

風雲児ワイナリーがアルプスワインです!

 

先日はマスカットベリーAの新しい製法の功績が認められ

文部科学大臣から表彰も受けたそうで、

 

目に見えてワインがどんどん進化している

要注目のワイナリーです。

 

というわけで

(いきなりショートカット!)

 

醸造家・前島さんが魂を込めている

シラーをファーストヴィンテージの2004から

垂直テイスティングさせていただきました。

 

日本でもシラーをここまで

本格的にワインにしているところは無いでしょう。

 

世界と勝負する品種といえばメルロー、カベルネ、

シャルドネ、ピノノワールという品種が思い浮かびますが、

 

シラーのこと・・・忘れてません?

 

ボルドー的なニュアンスとブルゴーニュ的なニュアンスをあわせ持ち、

スパイシーさやフローラルな香りもあって・・・とにかく複雑な味わい。

 

単調な味わいよりも、複雑さを評価できる日本人には

じつはかなりハマるような気もします。

 

フランスをはじめ、アメリカなどでも造られていて、

世界のなかで日本のひとつの味わいとしてポジションがあるような気もします。

 

すいません持ち上げすぎて・・・

シラーが最近好きで良く飲んでまして・・・えへへ(汗)

 

で!

 

2004年は前島さんが本格的に醸造責任者として

スタートしたヴィンテージ。樹もまだ若め。

 

2004のシラーは、カベルネ40%シラー60%のブレンドですが、

まだまだカベルネ由来の香りや甘みが支配的。

なおかつちょっと熟成ピーク超え。

 

2005は、カベルネ20%シラー80%と、シラーが多めになってきてます。

こちらは熟成的にはどまんなか。シラーぽさもありますが、

カベルネがまだまだ頑張ってます。強いっすねー。

 

そして2006は、ついにシラーも成長して一本立ちして100%。

香りにシラーっぽいスパイシーな感じが顔をだしてきています。

 

さらに2007は、香りがさらにハッキリしていているのと

感じる果実味とタンニンの濃さが明らかにUPしてきています。

 

ブドウの成長って面白いですねーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

外見のワイルドさとは、おもいっきり逆に、

とにかく繊細なワインを造る前島さん。

 

濃くてガッツリな"シラーズ"ではなく、やわらかくエレガントな"シラー"の、

フランス北ローヌ(エルミタージュ、コート・ロティ、サン・ョセフ、コルナスとか)の方向性。

日本ワインの持ち味が活かせる方向性だと思います。

 

2008、2009、2010と、樹齢があがっていくと

さらに味と香りに濃密さがでてくるように感じました。

 

ベリーAを筆頭にシャルドネ、シラーと

ラインナップがひとつ、またひとつとそろってきたアルプスワイン。楽しみです!

 

※ちかごろNHKも取材にきたそう。

 

【アルプスワイン公式サイト】

http://www.wine.or.jp/alps/

20090929_057.jpg

 

お会いするたびに

あふれでる気合と情熱のまなざしに圧倒されてしまう本田さん。

(※ピノの樽銘柄も気合がすごかったですが・・・)

 

元サラリーマンから身を起こしワイナリーを設立、

そしてついに念願の免許を取得されましたが、

 

樹を植え、それが実り、ワインになるまでは、

それは想像を絶する大変な忍耐と苦労でしょうし、

ただただ、すごいなあ・・・と思ってしまいます。

 

このバッカスを飲んで、

バッカスの印象がちょっと変わってしまいました。

 

バッカスにありがちな、いわゆるフルーティーな酸が目立ってくることもなく、

とてもマイルドにコントロールされていて、とにかくとにかく上品なバッカス!!!

 

フリーラン果汁のみを贅沢に使っているとのことで、

これまた気合と情熱が伝わってくるワイン。

 

単調でキツいマスカット系ではなく、

熟したグレープフルーツや白い花の香りが

控えめに、しかし、華やかに届いてきます。

 

果実感も、とてもやわらかく、しっかり楽しめるふくらみもあって、

うーん、リッチ。(このあたりが本田さんのセンスだと感じました!)

 

カベルネフランやアルバリーニョなど(そしてピノノワール!)にも

トライしているフェルミエ。

 

2005年に植えた樹の成長といっしょに本田さんの本領発揮が

これから楽しみです!

 

※バッカス=シルヴァーナとリースリングの交配種×ミュラートゥルガウ

 

【フェルミエ 公式サイト】

http://fermier.jp/

 

 

Fermierワイナリー フェルミエバッカス フリーラン2007(白・辛口・750ml)@楽天

20090731_000.jpg

 

100年計画を掲げ、コストパフォーマンスの高いワインを、

しかも大量に供給している安定感抜群の高畠ワイナリー。

 

ありがたやーの気持ちでいっぱいです。(笑)

 

社長以下、醸造の畑さんをはじめ農家のみなさんに至るまで、

一丸となっているのをすごく感じる素晴らしいワイナリーだと思います。

 

山形新幹線高畠駅下車、徒歩10分とわりと近く。

川べりの遊歩道をつたって歩いていくとワイナリーに着くのですが、

 

その雰囲気ものんびりとしていて、懐かしい、良い雰囲気です。

見える山並みも広々として気持ちよく、オススメコースです。

(名物の米沢ラーメンもオススメ!)

 

さて!

 

まだ飲んでない人はいますか?

 

んー

 

あっ、そこのあなた、まだですね?

 

ぜひ飲んでみてください!

 

だまされたと思って、

だまされてください!(笑)

 

青りんご系の、のびやかな酸。

ミネラル感をともなったふくらみのある味わい。

 

まるで山形の涼しい風をそよそよと浴びているかのような・・・

あーもう、めちゃめちゃ気持ちいです!日本に生まれてよかったー!

 

なんといっても1500円は反則でしょう!

高畠ワイナリーを代表するワインをぜひ体感してください。

 

容赦なく超オススメ!!!

 

[数量限定]高畠2008 上和田ピノ・ブラン 白辛口@高畠ワイナリー直販

 

【高畠ワイナリー公式サイト】

http://www.takahata-wine.co.jp/

 

 

20090728_005.jpg 20090728_003.jpg

 

イタリアの「オルネライア」で90年代に醸造責任者を務めた ガール・ティボルさんが

1993年、故郷ハンガリーに 設立したワイナリー。(2003年に事故で死去されたそうです)

 

とてもフローラル&マスカット系の、

スッキリキリ!でシャープな飲み口の白ワイン。

 

イメージとしてはイタリアのデイリーワインぽい、

夏にぴきっと冷やして、という感じ。

 

どことなく綺麗に抜け切れてない

東欧系の素朴な野暮ったい香りもあって、

その国ならではの品種を活かしたワイン造りを目指したという

醸造家の意志まで感じられるような・・・。

 

個人的にはミーハーなオルネライアとかよりも、

こういうワインのほうが、

なんだか「出会った!」感じが強くて、 すごく魅力的なんです。

   

(以下、公式サイトより転載)

This popular variety, Leanyka ( Eger's Maiden ) is many people's favourite white wines. Always fresh, crispy and fruity. Abundant fragrances of flowers and fruit. A young pretty wine.

Technology:
Harvest at full ripeness to plastic bins, light crushing, fermentation under controlled temperature 16-17 Co in stainless steel tanks.

Gastronomical suggestion:
Excellent refreshment in summer especially at garden parties or good with light starters.

Best temperature for serving:
Drink it chilled!

 

20090906_003.jpg

 

こちらは社長の孫娘さんの名前がつけられたENA(エナ)です。

ワイナリーでもいただきましたが、あらためて再体験。

 

こちらはメルロ、マスカットベリーA、ブラッククイーンという

ジャパニーズ・ブレンドです。一部、樽熟成されているそうです。

 

新宿の高島屋にあるサンクゼールのショップでいただきました。

お店のスタッフの方がとても親切で、ワインの良さを知ってほしいからと

大きめのグラスでテイスティングさせてくださいました!

 

温度によって出てくる香りが変化して面白いです。

最初はブラッククイーン、そしてメルロ、温度があがるとベリーAの甘い香りが・・・

 

とくに苦味とか何かが気になったりすることもなく、

チャーミングな甘い香りに、軽いタンニン。

ミディアムボディでバランスよくまとまっています。

 

長野産と山形産のブドウを使い、これもちょうど2000円。

日本の食卓に寄り添いたい、サンクゼールの目指すスタイルを感じました!

 

サンクゼール公式ショップ

http://stcousair.jp/SHOP/0309.html

 

20090906_004.jpg

 

長野の注目ワイナリーです!

先日訪問して、ゆっくりお話を聞かせていただきましたが、

 

醸造の池田さん・・・

メチャいい人です・・・

 

ミッシェル・グロさんのところへ

順番に研修に行く制度があるそうで、

 

逆にミッシェル・グロさんもワイナリーに来たりもして、

その人柄に触れ、尊敬のまなざしで語る池田さんの輝く目が思い出されます・・・

 

サンクゼール・チームは常に意見交換が行われていて

上下なくアドバイスを求めあったりして、

うーん、あらためてワインは人だなあと・・・(涙)

 

ミッシェルグロさんのワインとおなじように、

ブドウにあわせて無理せず、

しかし、ポテンシャルを引き出すスタイルなのですが、

 

このスタイルも醸造が誰々だからといって変わるものではなく、

日ごろからサンクゼール・スタイルをチーム全員で共有するように心がけているから

一定のスタイルがキープされているということなのだそうです。

 

ちなみにZIONは息子さんの名前だそうです。

あ、ちなみに、ここはクリスチャン系なワイナリーです。

 

ワイナリー訪問の際にひととおり試飲させていただきましたが

最上級銘柄のサンクゼール・シャルドネ(4500円)は気合入りまくりの

びっしびしに果実の詰まった&樽をきかせてクリーミーなムルソータイプ。

 

それ以外は「日ごろの食卓に寄り添うように」

主張しすぎないことを意識してつくられています。

 

控えめな酸と上品な果実味。

ミディアムなバランス派です。

 

ステンレスで作られているので

そのままシャルドネの育ちのよさが感じられますねえ。。。

 

って・・・?

裏面見たら「山形県産ブドウ」やないですかー!(笑)

 

あ、そういえばタンクを全部フル稼働させるために

生産本数を増やそうと自社畑以外からも調達してるって言ってたなあ・・・(汗)

 

海外でもこのZIONが賞を取っていたりもするんですが、

素直でピュアな、すがすがしいシャルドネが味わえる、

 

まちがいなくオススメの一本です。

ぎりぎり2000円というのもGOODです!

 

サンクゼール公式サイト

http://stcousair.jp/SHOP/16618/18555/list.html

 

 

 

ひさしぶりに飲みましたが・・・

めちゃめちゃイイですね!!!

 

シャルドネとピノノワール使って・・・

瓶内二次発酵で・・・

 

これで1400円とかって・・・

反則&殿堂入り決定!!!

 

地上最強のコストパフォーマンス!?

これはヤラれましたーーーーー

 

20090913_001.jpg

 

うーん、

この品質を大量&安定供給してるのはスゴイですね。

 

味わいに十分複雑さもあるし、香りもナッツとかもあって、

足元から髪型までエレガントな・・・(笑)

 

柑橘のシャープさを強めに感じるので

シャルドネが多そうですが、

 

なんと言っても僕が気になったのが

控えめに抑えられたアルコール度数。(=12%)

 

そのせいか、すごい口当たりがやさしくて、

香りの広がり量とのバランスが良くて、

 

なおかつ泡も柔らかいので、

優雅なバランスで「癒されますワー」。

 

そこらへんのシャンパンよりも

こっちのほうが絶対に幸せ度は高いハズ!

 

うーん、すごいなあーすごいなあー(×10回)

 

★ジェイコブス・クリーク シャルドネ&ピノ・ノワール@楽天★

サン・テミリオンのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセ(第1特別級)B

ここもペイノー教授が参加して向上したシャトーですね。儲けましたねー(笑)

 

20090914_004.jpg 

 

外観は、ロゼにしては少し濃いめのダークめ。

香りはほんかに甘さを感じるイチゴキャンディーですが、

ピノのロゼよりは、すこーし重量感を感じます。

かすかにタンニンもあるような。(2005年だけに?)

 

セニエで造られたロゼって、

「もったいないから上澄み持って来ましたー」的な、

ちょっと骨抜き&肩透かしなものが多いですけど、

このロゼはしっかりと味わえますね。

 

熟成したまとまりと、まだ酸の絞まりもあって

なかなかスタイリッシュ。

しっかりロゼを楽しみたいならオススメかもです!

 

 

★ラ・ロゼ・ド・パヴィ[2005]@楽天★

ワイン会で、ぜひみんなで飲んでみたいなあーと思っていたのですが

人数が集まらなくて流れてしまい・・・ひとりで飲んでしまうことに(苦笑)

 

おなじ銘柄で、SO2のアリ、ナシがリリースされているので、

飲み比べを体験するのには、わりと手に入りやすい材料ですよね。

 

20090914_002.jpg 

 

ソアーヴェと同じくガルガネーガ種を主体(88%)に

トレッビアーノ種が12%ブレンドされているそうです。

 

有機農法栽培、野生酵母のみ使用、熟成時に大樽使用、

SO2の使用は最小限(ビン詰め時のごく少量のみ)ということで

ちょっと前の、いわゆるビオっぽいワインです。

 

この手のホロ苦い系プチ酸化熟成ワインは、

僕は嫌いじゃないんですけど、ダメな人もいるようで、

おおげさに言えば、

シードル好きどうか!?イケるかどうか!?が基準でしょうか!?

 

SO2が入っているほうは、予想通り、

香りや味わいに一枚フタがされている感じ。

落としブタがされているので、

良く言えばまとまりがある。悪く言えば全体的にフラット。

 

SO2が入ってないほうは、あきらかにミネラル感が来ます。

野性的というか、不規則でアナログなバランス。これがまた旨い。

日本ワインで言えば、金井さんのワインが近いでしょうか。

こちらは2日目、3日目と経過を追いかけて見ましたが、

いっそう美味しいんですよね。

 

個人的な感覚ですけど、こういうワインって、

開けたて初日は味わいがワイルドに広がりすぎて、

どちらかというとボヤけていて、時間の経過とともに(酸化とともに)

じわじわ味のフォーカスが集中していく感じを受けるんですよね。

逆に言うと、本領を引き出すにはすこし時間が必要で、

「すぐ飲みたいー!」にはちょっと面倒なワインなのかも。(苦笑)

 

基準となる味がないタイプのワインなので、そういう意味では、

5日目くらいまででも、クルクル表情を変えていくので、

わりと飲めちゃいます。(5日目まで引っっぱりました!)

 

★サッサイア SO2無し@楽天★

★サッサイア SO2有り@楽天★

「世界初のプレミアム缶ワイン「バロークス」は、
グラス約2杯分、250mlの飲み切りサイズ。

スリム缶なので持ち運びも、冷蔵庫で冷やすのもカンタン♪
キンキンに冷やして、缶ビールの代わりにグビっと飲むのもおススメ!

ガラス瓶のように割れてしまう危険もないので、
ピクニックや野外宴会にもピッタリ!

いつでも、どこでも、気軽に楽しめるワインです。

『マスターオブワイン』の資格をもつ、
ピーター・スカダモアスミス氏による一貫した品質管理。
プレミアム缶ワインの名に恥じぬ本格的な香りと味です。

辛口でフルーティな上質ワインを、
世界5カ国での特許となる特殊製法の缶に閉じ込めました。

1996年春、自宅のジャグジーでテレビを見ながらワインを飲んでいた                                     後のバロークス社長グレッグ・ストークスは、ワインのボトルを倒し、                          あわや割れるという体験をしました。

「何故、世の中には缶のワインというものが無いのか?」                           この問いに自ら答えを出したのが「バロークス」です。

 

すごいっすね・・・ジャグジーですか・・・

そこで発想することなんて庶民にはありえないです(笑)

最近わりとあちこちのワインシップなどで見かけるので

ためしに買ってみました。(東京駅の地下で買いました)

 

20090914_001.jpg

 

もちろん推奨されている冷蔵庫でぎんぎんに冷やしておいて

プシュッ!とあけてみました。

むむむ、なんだか飲み方が変わると、

まるでちがう飲み物のような錯覚がして新鮮です!

冷えていたので、缶から飲んでもグラスで飲んでも、ちがいナシ(笑)

 

マスターオブワイン監修だそうで、3品種のバランスがとても良いです。

果実感はたっぷり、やや濃いめですが、

タンニンもほとんど感じず、気軽に素直にジューシーさを楽しむタイプ。

サンドイッチとかとでも合いそうな感じ。

普段飲みのコンセプトはバッチリ表現されていると思います。

グラスに注いでしばらく温度を上げてみましたが、

うーん、美味しいんですけど、これは冷やしめで飲むワインですね。

 

アルコール度数もわりとあるので、

冷やしめのままのほうがダレなくて、美味しく飲めちゃいました。

400円で250mlは、飲み干す気分にはちょい足りないかもですが(苦笑)

スパークリング、シャルドネ、ロゼもあるので、そのうち飲んでみたいと思います。

話のネタ的にも面白いですし、味もなかなかGOODです。

★バロークス@楽天★