アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

ブルゴーニュ

DSCF5496.JPG

 

飲んだワインに、まったくブログが追いついていません!!!

というわけで、年末に開催したワイン会から。

 

DRCさんのワインって、普通の常識なら、

すくなくともある程度は熟成させてから飲みますよね。

 

が。

 

DRCさんのワインはどんな状態でリリースされているのか!?

が気になったので、さっそく開けて飲み干しました。

 

エシェゾーって、文字の綴りが世界一カッコイイ!

と思ったりもしますが、いかがでしょうか?

 

抜栓は一応、約2時間前。

さてそれではグラスに注いで・・・っと。

 

おっと!

2006、予想以上に飲めちゃいますね。

 

もちろんエシェゾーは一番はやくからとっつきやすいですが、

それにしても、思った以上に、やわらかいです。

 

ヴォーヌロマネ独特のスパイシーさに加えて、個性的なヨモギ系の香り。

濃く深いベリーな果実感はもちろん一流。

 

なんですが、なんでしょうこの微妙な違和感。

 

湧き上がってくる香りのヴォリュームや迫力、

その他の要素も、ちょびっと寂しいような・・・。

 

熟成して大器晩成しそうかというと、熟成に必要なものが

すこし少ないような感じがしたのが正直なところでした。

 

もちろん美味しいんです!

けど個人的には割高銘柄ですね。

 

っていうか、ワインって、ある価格水準を超えると

品質と比例しない希少価値価格ゾーンにはいるものですが。

 

官能的なポテンシャル(とコスtッパフォーマンス)でいうと、

僕はこれ以前に飲んだモンジャール・ミュニュレのグランエシェゾーに

 

軍配をあげちゃいます。

(エシェゾーとグランエシェゾーの間には越えられない壁もありますが。)

 

DRCはワインとしての完成度を考慮したとしても、

やっぱり高すぎるのでなかなか買えませんが、

 

あえて買う理由もないような気もする今日このごろです。

(といいながら2005買いましたが・・・)

 

やっぱり甲州&ベリーAがウマイですよね!!!

(by 日本ワイン信者)

 

20091123_001.jpg

 

これも大丸にて遭遇。

試飲してびっくりで、値段を聞いて、びっくりしました。

 

雑味がほとんどなく、キメ、泡も細かく柔らかい。

軽いトーストの香りもあって、ばっちり楽しめます。

 

クレマンと聞くと、

なんとなく二級品的なイメージがあるかもしれませんが・・・

 

ちゃんとブルゴーニュどまんなか(サヴィニーレボーヌ)の自社畑産のブドウ。

使うのはピノノワールとシャルドネのみ。

酵母はシャンパンタイプのもの。

熟成期間は規定の倍の18ヶ月。

デゴルジュマンで使われるリキュールは樽熟成したもの。

 

むむむ。

 

真っ当な造りです(笑)

 

と思ったら、なんとクレマン専門のドメーヌだったようで、

ブルゴーニュにもこういう変わった(?)人がいるんですね。

 

なにしろお買い得です!(※買っちゃいました。)

 

ポール・ショレ・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット@楽天

 

 

potelblan07.jpg

 

開催中の大丸・東京店の大ワインフェアで購入。

(いつも買っている銘柄なんですけどね笑)

 

樹齢55年以上のムルソー区画、

ピュリニー・モンラッシェ区画、サン・ロマン区画のブドウを使った

 

超絶コストパフォーマンスな

グレート・ポテンシャルなブルゴーニュ・ブランです。

 

相変わらずウマーーー!

 

決してぽっちゃりしたシャルドネではないですが、

すなおな酸と余韻の伸びも2007とは思えず、

甘いバターの香りさえします。GREATEST!!!

 

ブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・ジェラール・ポテル[2007]メゾン・ニコラ・ポテル@楽天

20091019_003.jpg

 

いまブルゴーニュでイチバン好きなのはサヴィニー。

そんな、たこやき坊主です!

 

妹さんが醸造を

姉さんが営業をしているドメーヌ・ルイ・シュニュ。

 

樹齢は60年以上、ビオ、

100%除梗、新樽20%。

 

畑はサヴィニーの最高峰畑

セルパンティエールの西側。

 

そんなことはどーでもいいです!

迷わず飲めよ!飲めばわかるさ!

 

以前に飲んだ印象と同じく、

世の中でよく言われている使い古された言い方をすれば

「薄旨系」です。

 

ハッキリとした赤いベリー系の精彩な香りが

すうっと立ち上るチャーミングなワインです。

 

キュッと引き締める酸。

優しいミネラル。

きめ細かくてすべすべ。

 

チャーミングというと軽い印象になっちゃいますが、そんなことはなくて、

1erらしく芯は通っていて、しっかり楽しめます。

 

この軽やかな華やかさを意図を持って表現している、

彼女流の個性を感じさせるワインでした。

 

振り返り際に、素敵な香りがする・・・ような。

こういうワインもいいですね!

サヴィニー・レ・ボーヌ・1er・オー・クルー・ルージュ[2006]ルイ・シュニュ@楽天

20090929_038.jpg

 

「たこやきさんのブログは、良い人すぎます!」

といわれることがあります。

 

どんなワインにも長所と

(書こうと思えば作り出せる)短所があると思います。

 

でも・・・ケチつけてブツブツいいながら難しい顔してあーだこーだと

後ろ向きな飲み方って、もったいない気がするんですよね。

 

あと、ひとりで飲んじゃうのも

なんかその1本のワインの美味しさが、

1以上にたくさん伝染してない感じがして

 

とくに開けてみたら予想以上に美味しいワインだったりすると、

うれしい反面すごいもったいない罪悪感にさいなまれちゃいます。。。

(それもあってワイン会って好きなんです)

 

どんなに印象の薄いワインでも、

いいところを見つけ出して飲むのが楽しいから

 

そういう風に"なんでもテイスティング"しちゃうんですけど、

でも、たまには「×」なワインに遭遇することもあります。

 

たとえば、それが、このワイン。

あのエマニエル・ルジェのご子息のアリゴテ。

 

ビッグなお父様を持つプレッシャーなんでしょうか。

ワインのいろんな要素が重圧にまけて平たい味わいです・・・。

 

ただ、キレイで、硬い、シャープなワイン、というだけで・・・。

初ヴィンテージのも飲んだことがありますが・・・進化なし・・・。

 

うーむ。

 

なかでも酸の厳しさは相当なもので

ムチで24発くらいピシピシっと打たれるかのようです。(笑)

 

ヴィンテージは2006?

 

2009年の後半なのに、この厳しさって・・・

瓶詰めしたときどんだけスっぱかったんだろう・・・。

 

そしてこのフラット感・・・

分度器でいうならば限りなく水平に近い175度くらいです。

 

昔ながらに造ったり、自然派ぽく造ったりしている造り手もいて、

アリゴテの良さって、いくつかありそうなんですけど、どうしたいんでしょう?

 

このワインはお父さんの指導する教習所で生まれた

スクール・ワインとでも呼びたくなるものでした。ムムム。

 

無理してブルゴーニュのアリゴテを飲まなくても、

日本の甲州にももっと美味しいのがいっぱいあるよねえ・・・うんうん・・・

 

といつものように自問自答したのでした。(笑)

 

ドメーヌ・デ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン は、

マコネー地区のミイィ・ラ・マルティーヌに1999年、

ムルソーの人気生産者であるドミニク・ラフォンが設立・運営。

 

本家のコント・ラフォンと同じビオディナミを実行、

100%マロラクティック発酵、 ノンフィルターで瓶詰め。

 

20090929_061.jpg

 

ラフォンのワインとはちがう!

なーんていう声があるようですが

それは産地が(価格も)大きく違いますもんね。

 

とはいえ・・・

 

マコン!

なのに!

4000円です!

(※楽天で調べたら3000円ちょいでも売ってました)

 

樽の使い方やセンスには本家と共通したものがあって、

ほのかに甘い、バターっぽさも楽しめていい感じ。

 

ヴィンテージ的に厳しいのとまだ若いのと産地の個性とで

クリスプ・・・を超えたモロに石灰系の厳しい酸が残ってはいますが、

 

青りんご系のシャルドネの味わいもクリアに残っているし

丁寧に育てられたブドウのボリュームも感じられました。

 

うーん、さすが、美味しいです!

スーパー・マコンですね!

 

マロラクティック発酵をしていて、

なおかつこういう構成でリリースされているのなら、

一度、熟成したものも飲んでみたいなあーと思っちゃいました。

ゼリティエ・デュ・コント・ラフォンマコン・シャルドネ クロ・ド・ラ・クロシェット [2007]@楽天最安値