アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

アルゼンチン

20091117_000.jpg

 

今夜もアルゼンチンワイン・ハンターの

たこやき坊主です。こんばんわ。

 

あいかわらず、アルゼンチンのコストパフォーマンスの良さには

ガクガクブルブルなのですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

 

さて・・・

 

今夜ご紹介したいこちらのワインも、

マルベックらしさがストレートに堪能できる

じつにGOODな一本です。

 

抜栓直後は南米の陽気なワインらしく、

ぎゅーぎゅーな果実感が、ムンムン×もわもわとあふれて

美味しさのバランスがNOTとれないのですが、

 

時間がたつほどに

しっぽりとした落ち着きを見せはじめ、

 

ほどよいスパイシーさや黒ベリー系の味わいがグリップしてきます。

(メルローwithシラー的な姿をご想像いただければと存じます。) 

 

アルゼンチンワイン自慢の酸の支えもあって、

もっさりとした感じもなくウマーです。

 

マルベックのワインのなかでも、雑な感じもないですし、

かなりのスマート仕上げで、クオリティー超高いと思います。

 

ぶっちゃけ2日目とか3日目とか、

かなーりイイです!!!

 

そして・・・

これが1200円です!(ガクガクブルブル)

 

いやほんともう4000円とか出して

ボルドー飲んでる場合じゃないです! 

 

ネットで買えるのはこちらくらいでしょうか?

なかなか売ってないのが悲しい現実ですね。

 

がんばれアルゼンチンワイン!

(そしてマラドーナ!)

 

http://www.cavederelax.com/top/detail/asp/detail.asp?scode=7790717151128

 

アルゼンチン メンドーサ 赤 フルボディ
品種:マルベック100%
栽培農家に生まれたピエモンテ出身のイタリア人ダンテ・ロビーノ氏が1920年にアルゼンチンに移住して設立したワイナリー。アルゼンチンワインの中心地メンドーサにあり、標高900mの場所に約400haの自社畑を所有する他、買いブドウも使用しています。ヨーロッパの伝統的な製法を大切にしワイン造りを行なっていました。1982年からはクアッシーニ家の所有となりましたが、ダンテ・ロビーノ氏のワイン造りを継承しており、さらに最新の技術を取り入れて評価を高めています。
「ダンテ・ロビーノ」シリーズはワイナリーの最高峰シリーズで、自社畑のブドウを使用。
マルベックはアルゼンチンの主力品種の一つ。プルーン、ブルーベリージャム、八角、ブラックペッパーといったスパイスの香り。濃厚な味わいでありながら酸もほどほどにありバランスよく溶け込んでいるため、重過ぎない印象。口当たりの滑らかなワインです。
 
 
【公式サイト】

 

 

20091027_015.jpg

 

液体に重力を感じるワインに出会うことは

そうそうないのですが、

 

・・・いました。(苦笑)

 

荘厳です。

執念を感じるワインです。

 

予想を超えすぎていると

ちょっと怖くなる感覚というか・・・

 

ボルドーのトップシャトーとすら

はりあうかもしれません。

 

完全に異次元。

お値段も1万円超えて異次元ですが(笑)

 

ひたすら深く・・・高密度の世界・・・

マルベック単一なのに・・・超複雑・・・

 

買えるものなら買って

5年後とかにまた飲んでみたいです・・・OH MY GOD!

 

※調べたらパーカーさんも2004ヴィンテージに

 しっかり98点もつけてました。

 

http://www.jeroboam.co.jp/wine_maker/achaval_ferrer.html より

1998年に2つの理念の基、アシャヴァル・フェレールを設立することによって一つの夢を果たしました。我々の理念?全てのワインにおいて最高のクオリティを追求する、そしてテロワールを尊重する。アルゼンチンは、その土壌、豊かな太陽、そして今日ではほぼ唯一と言われるフィロキセラの害を受けていない接木なしの古いブドウの木から、ユニーク且つ、高品質ワインを生み出すポテンシャルがあります。
私達のワイナリーはイタリアとアルゼンチンの文化が友情と尊敬の念で深く結びつており、イタリア人ワインメーカー、Roberto Cipressoの鋭く直観的な視点でテロワールを表現しています。畑はメンドーサ州、アンデス山脈の麓に位置し、標高は海抜700メートルから1100メートル。砂漠に似た土壌や気候条件がマルベックや他の黒ブドウの栽培に理想的なのです。低い収穫量、痩せた水はけの良い土地、気温差(暖かい昼、涼しい夜)、全てが組み合わさり、バランスが良く複雑で奥行きがあり、ストラクチャーのあるブドウが熟成します。
メンドーサを代表する品種の本来の姿を追求した"マルベック"、ブレンドすることによってデザインされた"キメラ"、そしてテロワールを最大限に表現した"フィンカ・シリーズ"。このトリロジー(三部作)を通して私たちのワインに対する情熱を皆様と共有できることを大変嬉しく思っています。

 

Finca Altamira
 フィンカ アルタミラ

ブドウの根は接木されておらず、1本の樹から取れるブドウは500グラム以下。フィンカ・シリーズのゴールはアルゼンチンの赤ワインのフラッグシップであるマルベックのテロワールを表現することです。マルベックの本当の故郷はメンドーサなのです。11ヶ月間、必要最大限の畑仕事を行います。そうすることで、ワイン造りにおける介入が非常に少なくて済むのです。気候、ブドウ栽培、灌漑、全ての作業はテロワールを表現するという目的へのステップです。ワインの個性はヴィンテージを追うごとに輝きを増し、ユニークですが普遍的なテロワールの個性がそこに表れます。発酵は小さいタンクで行い、プレス後に澱引きし、100%フレンチ・オークの新樽で14ヶ月熟成させます。

■ フィンカ・シリーズはテロワールの違いを表現する為に、同じ醸造方法で造られています。

 葡萄品種
マルベック 100%

 

 

【公式サイト】

http://www.achaval-ferrer.com/en/index2.htm

 

 

20091027_013.jpg

 

ピノノワール部門には

ぐっとくるワインが残念ながらなかったのですが・・・

この一本が印象に残りました。(日本未入荷)

 

とはいえ、うーん、ぐっときません。

かろうじてブルゴーニュでいうなら

ボーヌ方面のなかでもミディアムな感じ。

 

アルゼンチンのピノの場合、

決して凝縮感や気合がそれほど感じられないほうが

逆に功を奏しているように思います。

 

このひとつうえのトップレンジを飲むと、

テクスチャーのキメも細かく、かつ、濃・凝・豊な反面、

 

ミントやハーブぽさが目立ってきて

そのへんが好き嫌いの分かれちゃうところかも。

 

ワインはバランスだなあと思うのは、

アルコール度数が14.5とかあっても

それを感じさせないワインがあって、

 

各要素が反響しあわない

絶妙のバランスポイントが

やっぱりあるなあと感じました。

 

いまのところシビレルような

アルゼンチン・ピノにはまだ出会えていません。。。

 

【公式サイト】

http://www.universoaustral.com/sitio7.html

20091027_014.jpg

 

トロピカル系や樽系、バター系が多く、

うーん、やっぱり南米センスだなあー

 

と感じてしまうシャルドネ部門のなかで

注目だったのがこちらでした。

 

アルゼンチンのシャルドネらしさも活かしてあるのですが、

香りの集中した立ちかたや引き締まった果実感に

ほかのワインとは違う"品"を感じて背筋が伸びました。

 

そしてその邪魔をしないMLFや樽の"残り香"も

うまくコントロールされて、綺麗になじませてあります。

 

イメージとしてはムルソー的でしょうか。

帰宅して調べたら、いろいろ賞をとっているワインだったようで(苦笑)

 

3000円ちかいワインですが、

値段なりに楽しませる実力を持っていると感じました!

 

 

「Vinandino Argentina2007」で見事銀賞を獲得!複雑でリッチなテイスト!!トリベント・ゴールデン・シャルドネ@楽天

20091027_011.jpg

 

アルゼンチンワインでスパークリングものは、

あまり見かけないうえに、ちゃんと美味しいものも少ないですが、

面白かった1本がこちらでした。

 

シュナンブラン80%、シャルドネ20%

発酵は二次発酵までステンレスタンク内でおこなわれるタイプ。

 

シュナンブランのふくらみのある甘さと

意外とクールな酸とキレがあいまって

よくまとまっていると思いました。

 

希望小売価格1800円。

 

ほかにもいろいろスパークリングがありましたが、

シュナンブラン主体のものがかなり多かったです。

そういう傾向なんでしょうか???

 

 

ラ・チャミーザ ブリュット@楽天

20091027_008.jpg

 

この日テイスティングしたワインのなかでも

ベスト5にはいると思ったのがこのマルベックでした!

 

チョコとかコーヒーとかもあってGREAT!

マルベック観が変わると思います!

 

超オススメ!

(希望小売価格1850円)

 

ドニャ・パウラ エステート マルベック '07@楽天

20091027_007.jpg

 

こちらはワインランク上の

エステートシリーズ。

 

果実の凝縮感と香りのボリューム、

カベルネらしく品のあるすこし

スモーキーでスイートでスパイシーもありの果実味。

 

こちらは余韻もしっかり濃く長いです。

けっして安っぽさのないリッチな全体像。

 

旨い・・・

 

で、お値段1850円ナリ。

 

よくわからないボルドーを買うなら

ぜったいコッチでしょう!!!!!!!!!!

 

 

ドニャ・パウラ エステート カベルネソーヴィニヨン '07@楽天

20091027_010.jpg

 

こちらも希望小売価格1350円の

スタンダードラインのマルベック。

 

マルベックのなかでも

全体が丸く、スイートさのあるマルベックで

 

飲みやすくて、美味しさがわかりやす、

とても"話が早い"タイプのワインです。

 

これもいいっすねー。

 

このぐらいリラックスしたマルベックのほうが

むしろ良いかもしれません!

 

 

20091027_009.jpg

 

アルゼンチンのワインで

コストパフォーマンスGOOD&安定感GOOD

かつ、ハズさないワイナリーBEST3をあげるなら

 

●フィンカソフェニア

●カテナ

そして

●ドニャ・パウラ

だと思います。あと

●トラピチェ

もありましたね。

 

エノテカが扱って流通している

ボテガノートンは優等生的だけど、

いまひとつハミだすものが少ないタイプ。

 

おなじ造り手のワインを3本くらい飲むと

そのセンスがかなり見えてきます。

 

ドニャパウラは、

南米らしいフルーティーな果実感を生かしつつも

うまくコントロールしてエレガントに仕上げるセンス。

 

あと、どのワイナリーにも通じて言えることだと思うのですが

アルゼンチンワイン全体の傾向として、

 

1)メルローよりカベルネのほうがGOOD

2)どの品種でも5000円を超えるような気合入魂の銘柄は

  その果実感が日本人の味覚の共感範囲から外れがち

 

ということでチェックポイントとしては、

 

・無理せず買いやすい価格でも予想以上に楽しめる!

・白ならトロンテス、ソーヴィニヨンブランは外さない!

・シャルドネは若干トロピカルやバターなニュアンスがあるものが多いのが好きなら"買い得"

・赤なら価格によらずマルベック!酸が多少弱くても果実の甘みが楽しませてくれる!

・フランス的なメルローのニュアンスを求めるとアルゼンチンワインでは微妙にズレがある!

・メルローが好きな人は、むしろ逆に意外と、カベルネソーヴィニヨンが近いかも!

 

みたいなことがあると思います。

 

で、このワインですが

ドニャパウラ社のなかでも最下位シリーズのカベルネですが・・・

 

いただいた資料には希望小売価格1350円と書いてありますが・・・

めちゃめちゃコストパフォーマンス良いです!(ふおー!)

 

味も香りも黒系中心ではあるのですが、

甘いカシスとかイチジクとかヴァニラとかローストとか・・・

 

楽しませます!

ウマー!

 

複雑さはないんですが完熟ブドウの甘旨味がのっていて、

かといってパワフル一辺倒なワインでもなく、

飲み飽きないだけの最低限の酸も持っています。

 

ともすると南米のワインってミントっぽさや青っぽさが

ケアされていないカベルネワインも多いのですが、

クリーンでエレガントさもあります。

 

アルゼンチンが手に入れる

果実味の贅沢さとでもいいましょうか・・・。

 

あらためて買って飲みたいワインです!

GOOD!

 

 

ロス・カルドス カベルネ・ソーヴィニヨン[2007]@楽天

 

チリのコノスルも

コストパフォーマンスの高い

すばらしいブランドだと思いますが、 

 

まちがいなく、

アルゼンチンのこちらのほうが

洗練されているし日本人向けだと思います。

 

アルトスルのシリーズは1000円を切る

一番下のレンジですが、どれも旨いです!

 

20091027_002.jpg

 

なかでもこのトロンテス!

 

20091027_001.jpg 

 

透明感を感じるミネラル、

白系フローラル、爽快なマスカット、

ジャスミン、ほのかに甘い桃、あとライチ!

 

ゲヴェルツとかヴィオニエ系が好きな人ならぜひ!

 

 

これで900円!

アルゼンチン最高です!(笑)

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・トロンテス [2008] 750ml・白@楽天

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・ソーヴィニヨンブラン・レゼルバ [2008] 白・750ml @楽天

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・シャルドネ・レゼルバ [2008] 750ml・白@楽天

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・マルベック・レゼルバ [2008] 750ml・赤@楽天

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・カベルネソーヴィニヨン・レゼルバ [2008] 750ml@楽天

 

【フィンカ・ソフェニア】 アルトスル・メルロ・レゼルバ [2008] 750ml・赤@楽天