アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

青森

20091016_006.jpg

20091016_007.jpg

 

意外と知られていない、ブドウの産地としての青森県。

ここにあるのが本州最北端の下北ワイン。

 

こちらのワイナリーでは、約7haを所有し、

ピノノワール、メルロ、ケルナー、シェーンベルガーなどの

欧州系葡萄が垣根式で栽培されています。

 

地元の農業生産法人「エムケイビニヤード」が栽培したブドウを

ワイナリーが醸造しているそうです。

 

ワイナリーの陣頭指揮は

山梨の大手M社で栽培長をされた志村富男さんだそうです。

 

このピノノワールを使った赤ワインRyoは、

2006年ヴィンテージは青森産ブドウを85%使用、

2007年は90%使用していて、比率を上げながら、

2008年は100%にする予定とのことです。

 

すこし淡い、いわゆるガーネット寄りの色調。

ややざらつきのあるタンニンが感じられて、

中程度の果実感のなかに芯のあるスマートな酸。

 

全体の印象としてはアルザスやドイツ系の

ピノノワールと似ています。

 

余韻はそれほど長くはないですが、

内容としては飲み応えがある

ミディアムボディーが楽しめます。

 

重過ぎない黒系ベリーの香りで、

イメージ的にはMLFや樽のニュアンスも弱めで

過剰に華やかに仕上げるというよりは、

 

スマートな酸も含めブドウのキャラクターを活かしながら

しっかりと本格的なピノノワールを目指しているように感じました。

 

機会があればぜひ体感してみてほしい、

興味深い発見がある一本です。

 

2007年醸造開始とのことですが、

まだ始まったばかりでこのクオリティーですから、

今後かなり楽しみな注目のワイナリーのひとつですね!

 

【下北ワイン(サンマモルワイナリー)公式サイト】

http://www.sunmamoru.com/

 

 

下北ワイン 赤 リョウ@楽天