アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

20091121_003.jpg

 

ぶっちゃけ、体験した限りでは

(個人的には)

 

美味しくない・・・

 

うっ・・・

 

ぐはっ!

 

という記憶のある神戸ワインです。

大阪、京都のワイナリーの躍進に比べると、

 

「オススメできないっす」

 

といいふらしていたのですが(スミマセン!)

この日飲んだワインはバッチリでした!

 

この日はちょうど女性醸造家の渡辺さんが

ワインの豹変について質問してみました。

(すごいチャーミングで笑顔のいい人です!)

 

飲んだ印象からも、あきらかに

醸造過程と管理がクリーンになっていることを実感したのですが、

保管場所を含めてかなり改善が進んでいるとのことでした。

 

もっといろいろ掘り下げてお聞きしたいことが

たくさんあったのですが、続きはワイナリーに潜入して。。。

 

赤はメルローで、

樽の風味と新酒らしい酸と若干の荒さがあいまって

ほのかに甘辛いチャーミングなワイン。

すいすいイケちゃうタイプですね。

 

そして注目は白。

 

シャルドネ、リースリング、信濃リースリングの3種ブレンド。

(信濃リースリングはマンズワインがシャルドネ×リースリングで交配した品種。)

 

中?甘口のワインですが、

けっして甘ったるくなく酸とのバランスがGOOD。

プチ・ドイツワインで癒されます。

 

そしてなんといってもアロマが印象的!

 

白いフローラル系に、黄色リンゴの真ん中の甘味、マスカット、とか

鮮度のある香りと熟したフルーツが同時にあってウマーです!

 

※ラベルに描かれているカワイイ果物や花の絵は

 ワインの味わいから連想されるものが描かれているのだそうです。

 温かみがあるアイデアでいいですね(^?^)

 

これで1100円は、GOODですね!!!

 

兵庫産ブドウで造られた各社のワインをひもとくと、

決してトップ品質ではないものの、総じてアベレージが高い印象。

 

なおかつ収穫量もあるし、こういう活かし方のワインっていいですよね!

美味しくてリーズナブルなワインは大歓迎です!

 

ということで、あらためて、

自分の目で(舌で?)しっかりと見てきたいです。

 

【神戸ワイン公式サイト】

http://www.kobewine.co.jp/