アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

没落していたラグランジュを復興させた
「ラグランジュ・ルネッサンス」と呼ばれた物語には感激しました。。。



サントリーが所有するボルドーの格付け3級、シャトー・ラグランジュを再建した鈴田健二氏が、15日、亡くなった。65歳だった。通夜、告別式は親族と会社関係者でとり行われた。

 鈴田氏は東京生まれ。東京大農芸学部卒。1968年サントリーに入社し、74年から3年間、ボルドー大学ワイン醸造学科に留学。現代ボルドーワインの父と呼ばれたエミール・ペイノー博士に師事した。

 サントリーがシャトー・ラグランジュを購入した83年から、シャトーの副社長を務め、マルセル・デュカス会長と両輪になって、評価の落ちていたラ グランジュ再建の原動力となった。90年にいったん帰国したが、95年にはシャトーに復帰し、2004年、後任の椎名敬一氏にバトンタッチした。

 シャトー・ラグランジュは、サンジュリアン村の3級格付けにもかかわらず、前の所有者が管理と投資を怠り、荒廃していた。このままでは、サンジュ リアン村全体の評価が落ちるという不安が、地元にあったという。サントリーは7500万フラン(25億円)で買収し、技術顧問にペイノー博士を据え、レオ ヴィル・ラス・カーズのミシェル・ドゥロン氏からも助言を得る万全の体制で、再建にあたった。

 休耕地に新たな苗木を植え、畑に排水管を敷設し、最新のステンレス発酵タンクを設置。セカンドワインのフィエフ・ド・ラグランジュを始めて、グランヴァンの質を上げた。

 80年代以降のボルドーには、1級のシャトー・マルゴーなど、落ち込んでいた品質を向上させたいくつかの例がある。ラグランジュはその中でも代表的な成功例と見なされ、ウォール・ストリート・ジャーナル紙にも紹介された。

 「資金の心配をせず、シャトーの大改修を手がけられた。恵まれていました。自然と一体になって進めるワイン造りは、理屈通りには進みませんが、努力しただけ、品質が向上するのを見るのは興味深かったですね」。生前にそう語っていた。

 鈴田氏は優れた醸造家であると同時に、万人に愛される人徳の持ち主でもあった。閉鎖的な農村社会のボルドーで、日本企業が受け入れられたのは、現 地で学んだ鈴田氏が橋渡し役を果たしたからだろう。83年当時、日本企業の買収は経済侵略と見なされた。地元シュド・ウエスト紙には、サムライの姿をした 「エコノミック・アニマル」の奇妙な風刺画が載ったほどだった。

 ボルドー人の誤解を解いたのは、ペイノー博士譲りの最新の醸造・栽培知識と、謙虚で和を重んじる人柄だった。格付けシャトーの醸造家として、フランスで認められた初めての日本人であるにもかかわらず、控えめな性格だった。


http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20090819-OYT8T00329.htm

 食事や音楽とともに多彩なシャトー・メルシャンのワインを楽しめる「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2009」が、山梨・甲州市勝沼町のメルシャン勝沼ワイナリーで、10月に開かれる。

 10月3、4、10、11、12日の5日間。シャトー・メルシャン・シリーズがグラス1杯(有料)から楽しめるほか、ワイナリーやワイン資料館ツ アーを通じて、醸造工程やワイン造りの歴史を学べる。また、京王プラザホテル多摩のシェフが作るワインに合わせた料理や、シャトー・メルシャン 甲州きい ろ香を使った特別なチーズも提供する。

2009年8月10日  読売新聞)
フランスのワイン生産者やシェフ、ソムリエが、環境保護団体「グリーンピース」と共同で、地球温暖化がフランスのブドウ畑に与える悪影響を警告し、政府に対策を求める声明を、ル・モンド紙に掲載した。

 声明には、主要産地の35の生産者、マルク・ヴェイラのような有名シェフ、フランク・トマのような有名ソムリエ、醸造コンサルタントのステファン・デュルノンクールら約50人が署名した。

 「国の遺産であるフランスワインが危機に瀕している」とし、気候変動がブドウ畑を脆弱にしている問題、夏の熱波や南部からくる害虫の問題を指摘。 「温室効果ガスを減らす対策がとられなければ、ブドウ畑の適地は現在の場所から1000キロほど移動し、今世紀末までにテロワールが生き残れないだろう」 と警告している。

 声明は、12月に開かれる国連のコペンハーゲン会議までに、二酸化炭素排出量削減に向けた取り組みを強化するよう、サルコジ大統領に求めた。

2009年8月14日  読売新聞)
いましばらく復旧に時間がかかりそうです・・・

ううっ・・・(涙)

21日のワイン会、あとすこし席が空いていますので、

ご都合のよい方はぜひ!!!
http://takoyakibouzu.blog.so-net.ne.jp/

日本ワインを飲み干す会も
いよいよ20回になりました。m(__)m

フランスもイタリアもスペインもいいんですけど、
この美味しさは日本のワインにしかアリマセン!

美味しい日本のワイン
    ×
シェフ桝田さんの美味しい料理

楽しく気軽に飲み干しませんか!?

お申し込みはこちらからお願いいたします!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P6404977


■日時
2008年2月20日(金)19:15?

■場所
『Marche de VinShu』
http://r.gnavi.co.jp/g896304/

東京都中央区日本橋室町3-4-4 JPビルB1
03-6202-6600

■最寄り駅
地下鉄三越前駅 A9出口 徒歩1分 
JR総武線新日本橋駅 1番出口 徒歩1分 
JR神田駅 徒歩5分

■会費

8500円(料理代5000円含む)

■募集人数
8人(+たこやき坊主+1名)

■ワインリスト

【泡】ルミエール(山梨)/ペティヤン・ロゼ(メルロ&甲州)/2007
   ただでさえ美味しいペティヤンの、限定200本バージョン。完売済。

【泡】高畠ワイナリー(山形)/オレンジ・マスカット/NV
   高畠さんのスパークリングは、どれもハズレがない。巧い&旨い。

【白】シャトーメルシャン(山梨)/甲州小樽仕込み/2007
   寝かすとさらに美味しくなる。これが樽を使った甲州の美味しさ。

【白】金井醸造(山梨)/キャネー・デラウェア観音山/2008
   デラウェアが→こんなワインに!?というマジカルな一本。完売済。

【白】ココファーム(栃木)/山のシャルドネ/2006
   日本最強シャルドネのひとつ。ムルソーとも十分渡り合う。(お値段も・・・笑)

【?】???秘密ワイン???
   レアな1本。当日をお楽しみにしていてください!完売済。

【赤】丹波ワイン(京都)/ピノ・ノワール/2006
   日本のピノノワールもココまで来てます。樹齢20年。

【赤】アルプスワイン/マスカットベリーA typeR/2005
   日本ワインの進化をハッキリ感じられる1本。飲む人誰もが絶賛。
 
【赤】???秘密ワイン???
   発掘してしまった。日本ワインに新登場&大注目の造り手の1本。

いよいよ各方面で、
本格的に日本ワインが
再評価されはじめてきているようで

今回も日本各地で一生懸命につくられた
美味しいワイン達を集めて揃えてみました。

雑誌などで名前を取り上げられるワイナリーは
まだまだ一部です。美味しいワインは、
まだまだ、隠れています!

おいしい日本のワインと
シェフ桝田さんのウマー!な料理で
楽しく飲み干しましょう! (^-^)

初参加の方もたくさんいらっしゃいますので
ぜひお気軽にご参加ください。お待ちしています!

エントリーはこちらから>>>http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P6404977

■日時
2008年2月10日(火)19:20?

■場所
『Vinshu』
http://r.gnavi.co.jp/g896304/

東京都中央区日本橋室町3-4-4 JPビルB1
03-6202-6600

■最寄り駅
地下鉄三越前駅 A9出口 徒歩1分 
JR総武線新日本橋駅 1番出口 徒歩1分 
JR神田駅 徒歩5分

■会費
8000円(料理代5000円含む)

■募集人数
9人(+たこやき坊主)

■ワインリスト

【泡】四恩醸造(山梨)/クレマチス(甲州種)/2008

【白】酒井ワイナリー(山形)/バーダップ樽熟成(甲州種)/2004

【白】●●●●(??県)/●●●●/ブラインドの秘密ワイン♪

【白】北海道ワイン(北海道)/トラミーナ/2006

【白】小布施ワイナリー(長野)/シャルドネ2e/2005

【赤】安心院ワイナリー(大分)/マスカットベリーA樽熟成/2005

【赤】宝水ワイナリー(北海道)レンベルガー/2006

【赤】ダイヤモンド酒造(山梨)/マスカットベリーA Y3 Cube/2007

【赤】須藤ブドウ酒(山形)/メルロー/2000

【赤】アルプスワイン(山梨)/マスカットベリーAtypeR/2005