アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

NEC_2198.JPG

元・某証券会社出身の本多さんが、
家族経営されている新潟のワイナリー。

昨年FOODEXでもお会いしましたが、
物腰の柔らかい、笑顔の方でした。(^-^)

【フェルミエ公式サイト】
http://fermier.jp/

2006年がファーストリリースだったという
ほんとうにまだできたてホヤホヤのワイナリーで、

というか現状はまだ自社畑の樹齢も低く、
買いブドウでのワイン作りが続いています。

NEC_2197.JPG

このピノ・ノワールも
おなじく新潟県にあるカーヴ・ドッチのものだそうです。

カーヴ・ドッチの醸造したピノ・ノワールも
飲んだことがあるのですが、

おなじブドウでも本多さんの手にかかった
こちらのピノ・ノワールはとても繊細で、

よりクリアな印象をうけました。
とても僭越ながら、センスや個性が感じられました。

NEC_2196.JPG

とはいえ、やはり、
こじんまりとした線の細い酸に、

ドイツ系デイリーワイン的ピノノワール風な
少々乾燥した果実味にとどまっていて

むむむ・・・正直、
ピノ・ノワールとしては物足りません。

加えて、こちらのワイン、限定260本にして、
5250円と、かなりパワフルなお値段なのですが、

新樽・・・しかも、ロマネコンティが使用しているものと同じタイプの樽で(!)
熟成されたそうで、その先行投資分も乗っているのかもしれません。

0.7haの自社畑からのワインは
2009年にリリース予定。(ついに今年!)

アルバリーニョ、カベルネフランなども
栽培されていて順調だそうです。

本多さんのフェルミエワイナリーの本領発揮は
ここからなのではないでしょうか!?(^-^)

【本多さんのブログ】
http://fermier.jp/blog1/

【本多さんの奥様のブログ】
http://fermier.jp/blog2/

山梨県は津金という、日本有数の日照時間の場所で

独創的なワインをつくり続けている岡本さんのワイン。

2007年に念願の免許を取得されたのですが、

その際、認可のために必要な仕込み量をクリアするために

JA穂坂から買い葡萄で仕込まれたのがこちらのワインというわけです。

画像 894.jpg

画像 895.jpg

これは飲んでみなければ!!!というわけで・・・

キャラクターは決して軽すぎず、腰の据わった果実の濃さがあります。

そしてその葡萄の甘み・・・果実味と書くと凡庸としちゃいますが、

その伸びやかさがスゴイです。のびるのびる?。

ベリーAの味の広がりしてはとても広い感じ・・・ワンルームだけど12畳の部屋みたいな。(笑)

ボーペイサージュの自社畑ワインと同様に仕込み(手による除梗、無破砕、亜硫酸無添加)されているそうで、

買い葡萄とはいえ、このあたりは、岡本さんの本領発揮でしょうか!?

自社畑のものではないからでしょうか?ラベルが真っ白なんですよね。

このあたりにも岡本さんの、妥協への悔しさというか、妥協しないプライドというか、

そういうのが現れているような気がします。(苦笑)

都内の各飲食店などでも、けっこう飲めるところがあるようですね。

直接お伺いしてみたところ、白の甲州バージョンもあって、

2月後半くらいからは一般販売もされるようなので、

買ったら、あらためてワイン会でみんなで飲もうと思います!(^-^)