アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

日本ワインの90年代を総括する的なラインナップで、

ちょっとだけ人数すくなめで

ゆっくり味わいませんかという会です。ぴかぴか(新しい)

会場は、僕の大好きなワインバーの個室にて。

追加ワインもあると思いますので、ぜひ!わーい(嬉しい顔)

【日時】8月10日(火)19:30?

【会場】渋谷徒歩3分『cheers』  
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007252/

【費用】13000円

【募集】6名(+2名=計8名) →残席2です

☆サンクゼール/サンクゼール・ブリュット/2005
 シャルドネの産地=長野県のなかでも最北端の、冷涼な気候で
 収穫されるシャルドネから造られる瓶内二次発酵スパークリング。
 Challenge International du Vin(フランス・ボルドー)銀賞。

○城戸ワイナリー/プレミアム・シャルドネ/2008
 ウスケボーイズ世代の造り手のなかで最も王道を行く城戸さん。 
 積み重ねてきた、ブルゴーニュを圧倒する日本ワインの実力を。 

○メルシャン/長野シャルドネ/2007
 国産ワインコンクール2009金賞&最優秀カテゴリー賞。
 受賞時点ですでに完売入手不可だったという伝説の一本。

○タケダワイナリー/シャトータケダ(白)/1999
 タケダワイナリー白ワインの最高峰銘柄。
 1999は岸平典子さんが栽培醸造責任者になった初ヴィンテージ。

●丹波ワイン/ピノ・ノワール/1994
 本当に美味しいジャパニーズ・ピノ・ノワールを造るワイナリーに
 眠ってました。これほど熟成したピノを飲む機会は超希少では。

●ボーペイサージュ/メルロー/2005
 ヴィンテージによって製法・スタイル・味わいが変わる岡本さん。
 2005年は全ヴィンテージ中もっともブルゴーニュ的な超傑作。

●メルシャン/桔梗ヶ原メルロー/1997
 最高峰銘柄の90年代最高ヴィンテージ1997年。
 サントリーと比較。リュブリアナ インターナショナル ワイン コンペティション 2001 金賞。

●サントリー/登美/1997
 最高峰銘柄の90年代最高ヴィンテージ1997年。
 メルシャンと比較。リュブリアナ インターナショナル ワイン コンペティション 2002 金賞。

※コンディションを考慮して予備ワインも用意いたします。
 
「飲みたい?」
 
「飲ませろ!」
 
「酔わせて♪」

という皆様の参加をお待ちしております!
 
「日本ワインにちょっと興味があって・・・」という方も超歓迎ですので気軽にどうぞ?(^-^)
 
ご参加の申込みは > mail@takoyakibouzu.com からお願いいたします。

明日開催の、たこやきワインバー@渋谷。

http://nomihosu.sakura.ne.jp/mt/cat3/post_214.html

2部(21:30スタート)にキャンセルで2席の空きがあります。

「日本ワイン飲み干したい!」

「興味があるんだけど?」

「今夜は酔いたいの・・・。」

という方(笑)

ぜひぜひいらしてください。

遠慮なく、お気軽に、お一人でも、大歓迎です!

みんなでワイワイ日本ワインを楽しみましょう(^-^)

とりあえず1部、2部、それぞれ12銘柄くらい、

いっちゃうんじゃないでしょうか(苦笑)

まあ夏ってことで!

参加のご連絡は

> mail@takoyakibouzu.com

までよろしくお願いいたします!

詳細決定しました!!!

といっても8月5日(木)の一日限定OPENです。

(たぶん、今後も継続すると思いますが!)

雑居ビルの一室にある本当の店舗を借ります。

渋谷駅から10分くらいは歩きますが、

いろいろ妄想しながらとか、お友達とおしゃべりしながらだと、

意外なほど、あっというまに着くと思います。(笑)

地図はこちら→「無銘食堂」http://mumei.co.jp/map

基本的にカウンターしかない、昔ながらの本当のバーです。

限界MAX酸欠寸前状態でも12席しかありません。

そんな状況に長く座っているのも大変だと思いますので(笑)

2時間づつで入れ替わりということでお願いできればと思っています。

1部)19:30?21:30 ←満席御礼

2部)21:30?23:30 ←まだあいてます

会費は、

超飲み放題&超簡単なおつまみ&腕利きの友人が作る美味しいカレー

で4000円でいかがでしょうか?

最近ワイン会やってないだけに、

ワインは開けたいのがメチャメチャあるので

思いっきり皆さんと開けまくりながら、

僕もひさびさに飲み干しまくりたいと思っています(笑)

ワイン会なのか何なのかよくわからないヘンテコな形式ですが(笑)

ご興味をもっていただき「行ってやろうじゃないか」という方は

事前にお席をキープさせていただきますので、
 
希望時間帯(1部or2部)をお知らせくださいませ。m(__)m
 
 送 >>> mail@takoyakibouzu.com

カウンターのなかから皆さんのお越しをお待ちしています!
 
もちろん初参加大歓迎でございます!

ワイン雑誌とかメディアがいつも取り上げるワイナリー以外にも
美味しいワインつくって頑張ってるとこって、いっぱいありまっせ!!!

ということで、僕的には1円も儲かりませんが(苦笑)
「知らせたい!知ってほしい!」というだけで

続けている要注目の醸造家と飲み干す会の第9回です。
(ワイナリー皆さまの御協力&ご参加くださる皆様に感謝!)

完全なる独断と偏見で、注目すべき日本ワイン醸造家を
全国からお招きして開催するシリーズ。9回目を迎えました。わーい(嬉しい顔)

今回はですね・・・オファーすること数カ月・・・の末に・・・
神戸ワインの輝く女性醸造家ぴかぴか(新しい)渡辺佳津子さんをお招きしました!

ハッキリ言って、2000年代前半の神戸ワインは「×」でした。
ところが、最近のものをテイスティングすると・・・「あれ?旨い!!!ダッシュ(走り出す様)

どうやらフランス帰りの醸造家が復活させているらしい!?
栽培品種は、シャルドネ、リースリング、カベルネだって!?

ワイナリーに潜入してみると、
最新ヴィンテージとか激ウマ鼻血ものです!富士山

白はフレッシュ&フルーティーで美しく、
赤は複雑&アロマで華やか。

大胆かつ繊細な渡辺さんの人柄が見事に反映され、
神戸という場所のポテンシャルが引き出されています。指でOK

これから神戸ワインの評価をくつがえしていくことになる
未発売のワインを(強引に)いち早くリストさせていただきました。(笑)

ワインもさることながら、明るく魅力的な人柄と、
ワイナリー復活への激闘エピソードを、ぜひライブで感じてみてください。ぴかぴか(新しい)

大阪、京都のワイナリーに続いて
・・・オススメは神戸ワインです!(本気)

どなたにも、きっと発見があるワイン会になると思います。電球
下記の個性的な(笑)プロフィールをご一読のうえ、ご参加お待ちしています!


■日時:7月27日(火)19:15?

■会場:『Marche de Vinshu』
     三越前or日本橋or神田or東日本橋から各駅徒歩5分
     http://r.gnavi.co.jp/g896304/

■会費:6000円

■定員:24名(最大限界30名)


晴れ渡辺佳津子さんプロフィール】

1975年埼玉県生まれ。
東京農大醸造学科酒類生産学研究室を卒業。

神戸ワインに就職。
ワインにはまりつつも関西での充実した食文化暮らしと趣味を満喫。

神戸ワインを休職。29歳で渡仏。
半年間、ブルゴーニュ大学附属の語学学校C.I.E.Fに通う。

語学の壁に当たる。
ストレス解消の為、趣味のフラメンコを現地で再開。

貯金が底をつきそうになったころ奨学金を取得。
ブルゴーニュ大学のDNOコース(Diplôme National d'OEnologie)に入学する。

膨大な勉強量とワイナリー訪問のできないジレンマの中、再び語学の壁に。
ワイン試飲量と購入量が加速していく。

購入ワイン量が増え始め、地下カーブのあるアパートに引っ越しをする。
(↑表向きは「卒業に向けて生活環境を改善する為に」)

フランス国家認定醸造士の資格を取得して帰国。
古巣の神戸ワインにもどって醸造を担当。現在に至る。

神戸ワイン渡辺さん.jpg 


ワイングラスワインリスト】

◎カベルネ・ソーヴィニョン・ジュース

★スパークリング・ロゼ 2007(メルロー&カベルネ&シャルドネ)

○樽熟成シャルドネ 2009(未発売。瓶熟成中)

○ベネディクシオン・ブラン 2009(9月発売予定。樽内発酵シャルドネ)

○ベネディクシオン・リースリング 2008

○園内限定シリーズ・信濃リースリング 2005

●メルロ 2005(未発売。瓶熟成中)

●カベルネ・ソーヴィニョン 2002(未発売)

●ベネディクシオン・ルージュ 2008(未発売。9月発売予定)

◎デザートワイン(未発売)

◎ブランデー

 

>>> お申し込みはコチラから。お待ちしています!

>>> mail@takoyakibouzu.com  

 

nomihosukai2010.jpg

 

 

ひさしぶりに再開です!

の、のみたい・・・(>_<)と何より僕が一番楽しみにしているのですが、

ぜひご都合のあう方は、いっしょにいろいろ飲み干しませんか!?

(飲み干す会といっても、各自のペース&飲酒量で楽しむ会ですのでご安心を!笑)

 

■日時・・・2010年5月18日(火)19:30 スタート!

■場所・・・『Marche de Vinshu』
      三越前or日本橋or神田or東日本橋 各駅徒歩5分
      http://r.gnavi.co.jp/g896304/

■会費・・・8500円

■人数・・・8名(+たこやき坊主+1名)

■ワインリスト

☆四恩醸造(山梨)/夏の陽(シャルドネ)/2009

  早くも完売続出だそうで、去年よりさらに美味しくなったと評判!

○勝沼醸造(山梨)/アルガブランカ・イセハラ/2007
○勝沼醸造(山梨)/アルガブランカ・イセハラ/2008
○勝沼醸造(山梨)/アルガブランカ・イセハラ/2009

  柑橘系の香りが華やかに、そして勝沼醸造らしくアグレッシヴに(笑)あふれるイセハラ。                              

  ヴィンテージの違い、熟成の違いを比べる、またとない機会っす!

  メルシャンきいろ香とはまた違う個性。


○神戸ワイン(兵庫)/ベネディクシオン・リースリング/2008

  要注目。ぜひ体験してください!

●ドメーヌ・タカヒコ(北海道)/ヨイチ・ノボリ・パストゥグラン/2008
●ドメーヌ・グロフィエ(ブルゴーニュ)/ブルゴーニュ・パストゥグラン/2007

  ピノ&ツヴァイゲルト、ピノ&ガメイと品種構成は違いますが

  造り手の発想を飲み比べるのも楽しいですね!国別の飲み比べも!

●城戸ワイナリー(長野)/オータムカラーズ・メルロー/2009

  王道を行く造り手の、カジュアルなワイン。

●小布施ワイナリー(長野)/ヴォルプテュー(Cs+Me+Cf)/2007

  微生物由来の香りを巧みに取り入れようと複雑さを出した意欲作。

●シャトーメルシャン(山梨)/長野メルロー&山梨カベルネ/1999

  ワイナリー蔵出し。(ありがとうございます!)日本を代表するワイナリーの熟成・・・ドキドキ。

 

※ワインのコンディションを踏まえて予備ワインも用意しておきます。ついでに開けるかもしれません!

 

お申し込みというか御参加メールは mail@takoyakibouzu.com までお願いいたします!

お一人様でも団体様でも、素人様でも玄人様でも、

プロ仕様の方も酒飲み仕様の方も大歓迎です!(笑)

みんなでわいわい飲み干しましょー!(^-^)/

日本ワインの要注目醸造家をお招きして
いっしょに飲み干すという、なんとも贅沢な大好評シリーズ。

いよいよ2010年シーズン開幕です!
(遅くなってスミマセン汗)

第7弾は「サッポロワイン」!

皆さんも、
きっとワイナリー名はご存知でしょう・・・

しかし情報は完全に封印され、
謎のベールに包まれている暗黒のワイナリー・・・

消費者からは
「大手ワイナリーでしょ?」という声もちらほら・・・

「なにい!? 飲んでもないくせに! ゆ、許せぬ!」

ゴゴゴゴ・・・
ついに封印の解かれる時がやってきたのです!(おおげさ?)

ということで。

コンセプトは

「大手ワイナリーなめんな!サッポロワイン帝国の逆襲!」

です(笑)

お招きするのは
帝国のダースベイダー・・・ではなく

CJO(チーフ醸造オフィサーの略。勝手に造りました。笑)こと
最高醸造責任者の工藤雅義さんです!

サッポロワインさんは
メーカーズディナーをやらないそうなのですが、
このコンセプトで口説き落としました(笑)

「えぇぇ?大手でしょぉ??」
と飲まずに言うなかれ!!!

畑も北海道(余市)、山梨、長野、岡山と、
日本のオイシイ産地をおさえまくりで、

美味しさ&コストパフォーマンスの点では
国内最強でしょう! 

頭が疲れるメンドクサイこと抜きの
「飲み干す会形式」ですので

お気軽にどうぞ!
乾杯はもちろん、エビスビールです(笑)

■日時・・・2010年4月24日(土)17:30?

■場所・・・『Marche de Vinshu』
      三越前or日本橋or神田or東日本橋 各駅徒歩5分
      http://r.gnavi.co.jp/g896304/

■会費・・・6800円

■人数・・・25名様

■ワインリスト

 ☆エビスビール
 ○山梨甲州樽発酵(サッポロワインの基礎力)
 ○北海道ケルナー遅摘み(甘&酸の妙品)
 ○長野古里シャルドネ(自社畑の実力)
 ●岡山マスカットベリーA(隠れた名産地のウマーな1本)
 ●北海道余市ピノ・ノワール(特別に出してもらえました!)
 ●長野メルロー&カベルネ(カベルネ&メルローって書き間違えて工藤さんに怒られました苦笑)
 ●北海道ツヴァイゲルトレーベ(たこやき的注目の一本)
 ★秘密の一本(お楽しみに!)


■工藤雅義さんプロフィール

・広島県出身
・1985年、広島大学工学部発酵工学課程修了。
・サッポロワイン(株)入社
・カリフォルニア大学デイヴィス校大学院修士課程修了。
 フードサイエンス(ワイン醸造学)を専攻。

畑の個性や成熟度の違う区画ごとにワイン造りを行うため、
小規模ロットにも対応する「プレミアムワイナリー」を
勝沼ワイナリー内に併設する際に、その設計を担当する。
現在、サッポロワイン(株)ワイン研究所 技術開発部長。

 
>>> お申し込みはこちらからお願いたします!

http://www.makersdinner.com/archives/1343250.html

 

日本ワインの熟成ポテンシャルはいかほどか!?

登美vs桔梗が原の同ヴィンテージ対決の結果は!?

などなど、

もうこんなの飲む機会はないと思います!!


■日時・・・2010年2月5日(金)19:15 スタート!

■場所・・・『Marche de Vinshu』
      三越前or日本橋or神田or東日本橋 各駅徒歩5分
      http://r.gnavi.co.jp/g896304/

■会費・・・9500円(料理代5000円含みマス)

■人数・・・8名(+たこやき坊主+1名)

■ワインリスト

【泡】サンクゼール(長野)/スパークリング・ブリュット/2005

【白】高畠ワイナリー(山形)/シャルドネ/2001

【白】シャトーメルシャン(山梨)/北信シャルドネ/1999

【白】中央葡萄酒(山梨)/グレイス甲州 鳥居平/2004

【白】スズラン酒造(山梨)/樽甲州/2004

【白】タケダワイナリー(山形)/ドメーヌ・タケダ(シャルドネ)/1999

【赤】神戸ワイン(兵庫)/カベルネソーヴィニヨン/1998

【赤】シャトーメルシャン(山梨)/桔梗が原メルロー/1997

【赤】サントリー(山梨)/登美/1997

【赤】丹波ワイン(京都)/ピノ・ノワール/1994

 

> ご参加のお申し込みはこちらからお願いたします!

> mail@takoyakibouzu.com

満員御礼でした前回の北海道篇に続きまして・・・九州篇です!

熊本ワイン、安心院ワイナリー、都農ワイナリーの3強が中心となって

ひしめきあいながら切磋琢磨し、日本屈指のシャルドネ産地を形成しています。

今回の取材では、その進化の裏側もキャッチしてきました。

ワイナリーのご厚意で譲っていただいたワインや、

ワイナリーや現地でしか入手できないワインも捕獲してきましたので

ぜひ九州のポテンシャルの高さを感じてみてください!お待ちしています! (^?^)


【第38回 日本ワインを飲み干す会 九州篇】


■日時・・・2010年1月26日(火)19:15 スタート!

■場所・・・『Marche de Vinshu』
      三越前or日本橋or神田or東日本橋 各駅徒歩5分
      http://r.gnavi.co.jp/g896304/

■会費・・・7900円(料理代5000円含みマス)

■人数・・・8名(+たこやき坊主+1名)

■お申し込みはこちらから >>> mail@@takoyakibouzu.com 

■ワインリスト

【泡】安心院ワイナリー(大分)/スパークリング・シャルドネ
   僕が九州のシャルドネの潜在能力を最初に感じたスパークリング。
   いろんなシャンパンも飲んできましたが、日本も負けてませんよ。
   このワインはもっともっと評価されるべきだと思います! 

【白】熊本ワイン(熊本)/シャルドネ・ナイトハーベスト/2007
   国産ワインコンクールで2年連続金賞受賞した熊本ワインのシャルドネ。
   こちらは08年に金賞受賞したもの。もちろんもはや入手不可ですが、
   特別に新社長・玉利さんに分けていただいてきました!

【白】熊本ワイン(熊本)/酸化防止剤無添加シャルドネ/2008
   フレッシュな、というよりも、葡萄の旨みが、とても巧みに
   ワインになった味わい。従来のKISS KIKKAとして
   デイリークラスで売られていたものですが・・レベル高っっっ!!!

【白】都農ワイン(宮崎)/シャルドネ・アンウッディド/2008
   近年のトレンドになりつつある樽なしシャルドネのストレートな味わい。
   都農のシャルドネは地元の伝承栽培法と最新科学の合わせ技。要注目!

【白】由布院ワイナリー(大分)/シャルドネ/2008
   ・・・ぜひ体験してみてください!

【白】綾ワイナリー(宮崎)/デラウェア/2008
   九州のデラウエア、ポテンシャルあります。 国産ワインコンクール銅賞受賞!

【白】綾ワイナリー(宮崎)/ブラック・オリンピア/2008
   巨峰の改良品種で、とても上品な香り。 飲んだことのある人は珍しいハズ!

【赤】都農ワイン(宮崎)/マスカットベリーAプライベートリザーブ/2004
   品種の可能性を確かめるべく、ステンレスタンクで1年、
   樽で4年熟成。ワイナリーでも完売。特別に分けてもらってきました!

【赤】久住ワイナリー(大分)/メルロー/2008
   標高900mに位置し、ピノノワールも造る注目の新興ワイナリー。期待です! 

【甘】都農ワイン(宮崎)/SweetTuno
   サニー・ルージュという品種を、クリオエキストラクション法
   (=氷結ぶどう搾り)で造ったエレガントなデザートワイン。
   なんといってもボトルのデザインがエクセレント!

極寒の北海道を巡ってきました・・・余市の畑はマイナス10度・・・

ヒザまで雪が・・・寒かったです・・・ヒートテックとユニクロに感謝。

雪が降る前に急いで剪定済ませ、ワイヤーをいったんはずし、

葡萄の樹を曲げて、積もる雪に埋める用意をする。こうして、

吹きすさぶ氷点下の強風によって凍死させられるのを防がねばなりません。

葡萄にとってもそうですが、作業をする人にとっても日本一厳しい環境。

雑誌ではよく紹介されていますが、自分の目と舌で確認してきました。

最終的なワインの味の、実際のところは・・・

おそるべきテロワールの可能性がひしひしと炸裂しはじめていました!

北海道のワインといえば「すっぱい」「うすい」イメージでしょうか?

(もちろんそんなワインもありますけどね・・・あせあせ(飛び散る汗)

なぜこんなに騒がれているのか。ぜひ体感してみてください。

■日時・・・2010年1月12日(火)19:15 スタート!

■場所・・・『VIN VINO』
      池袋駅から徒歩5分
      http://r.gnavi.co.jp/p406600/
      03-3987-0253
      
■会費・・・7000円(料理代4000円コミです)

■人数・・・8名(+たこやき坊主)

■ご参加のお申し込みはコチラまで! >>> mail@takoyakibouzu.com

■ワインリスト

○奥尻ワイナリー/ピノグリ/2007
 飛行機でしか行けない!?孤島・奥尻島にできたNEWワイナリー。
 話題&注目を集めアッというまに完売してしまい道外では見かけないはず。

○山崎ワイナリー/プライベート/2008
 本格的な美しいワインを造りだしている5人家族のワイナリー。
 ソーヴィニヨンブラン+ピノグリ+リースリング+シルバーナーの超限定品。

○ふらのワイン/ミュラー・トゥルガウ/2008
 造り手のみなさんも注目し、再生革命が進行しているふらのワインの最新作!

○北海道ワイン/ヴァイスブルグンダー/1995
 実際にテイスティングさせていただきました。美しい熟成で驚かされました!

○松原農園/ミュラートゥルガウ/2008
 北海道随一のウマーなミュラートゥルガウ。大人気でいつも完売するほど!

●奥尻ワイナリー/ツヴァイゲルトレーベ/2007
 こちらは赤。もちろんすでに完売済。北海道のツヴァイゲルトは必飲です!

●サッポロワイン/グランポレール・余市ピノノワール/2008
 ファーストヴィンテージが300本もなかったというピノノワール。
 超人気過ぎて全国各地に買われてしまい、逆に北海道では買えないという
 現象が起こっているほど。捕獲に成功してきました!

●北海道ワイン/メルロー・北海道限定/2008
 北海道の赤ワインで、意外にも次世代を担う可能性のあるのがメルロー。
 ワイナリー販売限定品を捕獲してきました。いちはやく味わってください!

●サッポロワイン/グランポレール・ツヴァイゲルトレーベ/2008
 超良年2008を生かしツヴァイゲルトの本領がいよいよ炸裂。
 タンニンとスパイシーがメチャメチャすごいです!

●ウフフな秘密のワイン
 ネタはいくつか隠し持っていますので・・・お楽しみに・・・(ニヤリ)

猿・・・

じゃなかった(汗)

去る10月4日に開催した

『消費者が決める!ジャパン・ワイン・オブ・ザ・イヤー2009』。

おかげさまで大成功でした。ありがとうございました!

(そして各ワイナリーの皆様の懐の深いご理解ご承諾にも感謝しております!)

当日の様子を撮影した動画を、大胆にもyoutubeにアップしました!

よろしければ、ぜひご覧ください。

もちろん、次回の準備も進行中です!

みなさんの金賞を選びに来てください(^?^)

 

                     edited by inwine氏(http://inwine.exblog.jp/