アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

山梨

 

20091003_003.jpg

 

20091003_002.jpg

 

この日はちょうどタンクの中で発酵中のベリーAの

様子をチェックされていたとのことで、

ちょっと飲ませていただきましたが、

ナチュラルなベリーAで素直に美味しかったです。

 

畑はすこし離れた三輪窪という場所に3.5アールあって、

カベルネ、プチヴェルド、シャルドネが垣根で栽培され、

しかもレインカットの屋根をつけてある充実ぶりです。

 

なぜ垣根?

 

1997年に勝沼を襲い各ワイナリーに打撃を与えた大ヒョウ害で

マルサン葡萄酒も、葡萄畑の棚が壊れてしまい、

山梨県の援助とマンズワインの指導を受けマンズ・レインカットを導入した

という経緯のようです。

 

20091003_006.jpg

 

ワイナリーの設備のほうは上面が解放されたタンクも多く、

決して最新式の装備・・・というわけではありませんが、

 

まだ数も少ないタンクをやりくりしながら、

そのなかでトライできることをしっかりやっている、という感じです。

 

物理的な老朽化にともない

ワイナリーの改装も検討中とのことで、

装備が整えば辻さんの力がさらに発揮されそうですよ!

 

あ、ワインの話、忘れてましたね(苦笑)

 

こちらのワイナリーで要注目なのが

「MIWAKUBO」というプチヴェルド種を使ったワイン。

(プチヴェルド60%メルロー40%)

 

海外では色付けやアクセントに使われる品種ですが、

勝沼では丸藤葡萄酒さんなどメイン品種に使っているところもあります。

 

20091003_007.jpg

 

山梨県産のワインがブラインドで供されるイベントで

このワインが面白いなあーと注目していました。

 

プチヴェルドからのタンニンや渋み、色の濃さ、スパイシーさと

それを包み込むメルローの柔らかい甘みとのバランスが良くて、

まさに攻めと守りの表裏一体!(なんのこっちゃ笑)

 

全体としてはがっしりめのミディアムボディながらも、

まろやかな旨味と、複雑な味わいが楽しめて、かなりGOOD!

日本のワインのなかでも良い意味で個性的です。

 

そして辻さんがあたためている計画が

プチヴェルド100%ワイン作戦です。

 

20091003_005.jpg

※左がプチヴェルド100%タンク

 

20091003_008.jpg

 

こちらもテイスティングさせていただきましたが・・・

酸もタンニンも超攻撃的!(ひー)

 

プチヴェルドさんって・・・

こういう人だったんですね。(いやん)

 

でもこのパワフルなワインが

どうなっていくのか、どうしてあげるのがいいのか、

 

じっくりと向き合っていきたいと語る辻さんの

瞳の奥の炎には、楽しみな期待が感じられました。

 

そもそもプチヴェルド100%のワインってないですから

面白い挑戦ですよね!

 

20091003_009.jpg

 

最後にいただいたのが、

収穫したばかりのシャルドネ。

 

辻さんがワイン造りに参加されたのが2008年。

それ以前のヴィンテージのワインをもいただいたのですが、

 

正直なところ、まったく別物、です。

いきなり葡萄酒からワインになっているような印象。

 

そして2009年の今年、

辻さんはグレイス甲州で知られる中央葡萄酒で研修されていて、

そこでの経験がかなりワイン造りにフィードバックされてますね!

 

還元的なワイン造り・・・というか、葡萄果実のフレッシュさを

できるだけ封じ込めながら瓶に詰めるノウハウが味わいに感じられます。

 

とくにこの最新のシャルドネは、ぶっちゃけ、

こんなタンク温度管理もできないタンクで造っているのに!?という

徹底して衛生面なども細心の注意でコントロールされてます。

 

実際、いただいたワイン、

ものすごいストレートにシャルドネの味がでてます!

 

この後、うまく管理されて育っていけば、

これはリリースが楽しみです。

 

「あと何ヴィンテージしか造れないとあせってやるよりも、

 受け継がれたワイン造りと、うちのワイナリーらしさを大切にしながら

 あせらずひとつひとつワイン造りを進めていきたい。」と語る辻さん。

 

のんびり・・・とは言いつつも、

いつもワインのことを考えていらっしゃることが、

話のやりとりから感じられます。

 

たしかにまだ経験は浅いのかもしれないですが、それだけに

追いつこう、追い越そう、という辻さんのワインは、毎年、変わっていくハズ。

 

おじゃましている間にも、つぎからつぎへと

お客さんが辻さんのところに来て笑いながら挨拶をしてきていました。

 

ワインは人だと僕は思っています。

手を広げすぎず、まずは辻さんのシャルドネとプチヴェルド・・・飲ませてください!

 

巧みな技術と戦略、積み上げた資金とノウハウで

大手ワイナリー老舗ワイナリーが牛耳る戦国日本ワイン界。

 

そんな戦乱の世に下克上を決行すべく、

ギラギラと野心を煮えたぎらせるのが、

山梨県の若手醸造家集団『アサンブラージュ』。

 

マフィアのファミリーのごとく血の結束で束ねられた

その会に新しく名を連ねるには、

血で書いた決意表明と多額の持参金が必要とか・・・

 

ウソです。(笑)

 

そのアサンブラージュの最近加入したのが、こちら、マルサン葡萄酒です。

 

20091003_000.jpg

 

といっても「マルサン葡萄酒」という名前はお店のテントにちっさく入っているだけで、

むしろ本業であるところの葡萄園「若尾果樹園」の看板が道路に面して見えていて、

そちらが目印になっています。

 

一見すると・・・めちゃめちゃ観光向けですやん!(; ̄Д ̄)

 

20091003_001.jpg

 

が、このワイナリー、あなどれませぬ。

 

いろいろテイスティングさせていただきましたが、

今後数年のうちに大きく進化しそうなニオイがプンプンしてましたから。

 

歴史をひもときますと、こちらのマルサン葡萄酒は、

昭和10年共同醸造場として始まり、ぶどう栽培は江戸時代から。

勝沼で初めて棚栽培を始めたと言い伝えられています。

(アサンブラージュ公式サイトより)

 

そしてこの伝統ある葡萄園ワイナリーに

婿として新戦力として加わったのが、辻 亮さん。

 

20091003_004.jpg

 

アサンブラージュ公式サイトによると、

 

1977年6月21日生まれ O型

立正大学卒業後、東京で自分探しの生活を送る(つまり自由な生活)。

見つけたのかどうか不明だが、一大決心し2008年にワインの世界へ。

勝沼育ちのくせに栽培と醸造はド素人。

これからは自分のワイン探しの生活になるだろう(つまり素敵な生活)。

 

うーむ(笑)

 

好きなワイン・・・思わず「わー!美味しい!」の一言がでるワイン。

 

ううーむ(笑)

 

 

マルサン葡萄酒

〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼3111

TEL:0553-44-0160 FAX:0553-44-1670

http://www11.plala.or.jp/wakaony/wain.html(公式ページは製作中)

http://blog.goo.ne.jp/tsujicci/(辻さんのBLOG)