アラさがしより魅力探し!飲んでみなけりゃわからない!を合言葉に、おもに「日本ワイン」を飲み干しているブログです。ワインを飲むペースに、ブログを書くペースがまったく追いついていません?!(注)ワインの味わいには個人差というものがあります!
なんでもテイスティング人生。

20091016_012.jpg

20091016_014.jpg

 

しばらくおいたらどうなるかな・・・と思って

リリース後一年寝かせておいたものを、

 

今年リリースされたものと飲み比べてみました。

フレンチオークにて8ヶ月熟成。

 

2006はリリースから1年間ですが、

酸がいくぶんやわらいでいるものの、

まだまだワインとしてはバランスしていない感じ。

 

酸っぱい!とかいう声もありますがそんなことはなくて、

予想よりはマイルドというかボディのあるピノだと感じました。

 

2007は色調も赤というよりは紫から黒系で

色調と同様に味わいも深く硬く、タンニンや酸がまだ強く感じられます。

 

にしてもポテンシャルがすごいです。

 

樽の香りはもともと控えめなんですが、

それを押しのけて、

 

グラスのなかの香りが時間を経ていろいろ変わっていきます!

タバコの香りまで鮮明に感じられたのは驚き!

 

全体の印象としては、

樹齢がまだ低いからかピノの品種香全開!

とまではいってないように感じます。

 

ミネラル感の品の良さが

ピノらしさにプラスしているような。

 

が!

 

本当にものすごくしっかりとしたワイン。

ブドウのポテンシャルはめちゃめちゃ詰まってます!

 

凝縮感、タンニン、酸、のキメはGOODで(←変な日本語でスミマセン笑)

緊張感のあるボディが構成されていて、あと果実感は年々増していくはずです。

 

比較すると、あきらかに2006よりも2007のほうが充実してます。

今後、どんどんヴィンテージを重ねていくごとに

 

若いピノノワールから、

力強く華やかななピノノワールへ

 

"大人の階段"を一歩づつ上って進化していく予感が

びしびし感じられました。

 

丹波ワインやあづみアップルのピノノワールが

いまからでも楽しめるタイプだとすると、

 

山崎ワイナリーのピノノワールは、

いますぐは100%を楽しめないけれども

 

大器晩成型ですね!!!

 

あと何年か寝かせたらよかったんでしょうけど・・・

もう飲みたかったんですっ(笑)

 

ファーストリリースが2002だったそうですが、

いまごろ美味しくなってそーだなあ・・・ゴクリ。

 

お持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ感想きかせてくださいーーー

 

うーん、目が離せないワイナリーです!